ボディートークシステムについて

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

こんにちは!東京都千代田区一番町でボディトークの施術士として活動している樋渡です。

今回の記事では、ボディートークシステムとは何かについて解説していきます。

ボディートークシステムについて

ボディートークシステムとは、ジョン・ヴェルトハイム博士によって創設されたプログラムです。

ボディートークシステムには主に二つに分けることができます。

  1. フルセッション
  2. ボディートークアクセス

の二つです。

フルセッション

フルセッション

フルセッションというのは、ボディートークプロトコールチャートと呼ばれるチャートを使いながら施術士がクライアントに対して行うものです。

ボディートークアクセス

ボディートークアクセス

ボディートークアクセスは、フルセッションで使うテクニックの中から、日々の健康維持増進に役立つ5つのテクニックをピックアップしてセフルケアとして行います。セルフケアだけではなくて、ご家族やご友人、クライアントに対しても行うこともできます。

フルセッションとボディートークアクセスの違い

樋渡
大きな違いというのは、クライアントがより健康になるために必要なことを個別にカスタマイズして行うのか。(フルセッション)

もしくは、決まったルーティンを覚えて、それを毎日の生活に取り入れることで、自然治癒力を高めていくのかということです。(ボディートークアクセス)

フルセッション

フルセッションは、認定を受けた施術士がクライアントの体の中やその人を取り巻く環境の中でバランスが崩れているものを探し出していきます。

特に今回復するべきコミュニケーションの優先順位が高いものを探し出します。 それから頭部と胸部のタッピングをすることで、脳と心臓に働きかけてバランスの崩れたコミュニケーションを回復させるように促します。

詳しく知りたい方は、ボディートークの施術ってどんなことをするの?をお読みください。

ボディートークアクセス

ボディートークシステムは世界中で広まっています。 そして、肉体面だけではなく、心理的・感情的な側面への健康状態への著しい効果を認められています。

ですが、フルセッションができるようになるまでに、経験も必要になりますし試験もあります。なのでまだまだ世界のどこでも受けることができるというわけではありません。

そこで、ボディートークシステムをもう少し身近なものにすることで、ボディートークシステムのメリットを世界中の人たちが利用することができ、健康のサポートになるのではないか?という想いでボディートークアクセスが作られました。

そのため、日々の生活に取り入れて行うことのできる5つのテクニックをピックアップしています。

この5つのテクニックも、頭部と胸部のタッピングを行います。

それと各テクニックごとに、頭や体のポイントに触れていきます。

樋渡
ボディートークアクセスは一度覚えてしまえば、自分で自分に使うことができるし、家族や友人、クライアントに対して使うこともできますよ。

一家に一人、ボディートークアクセスができるように広めていきたいという目標もあります。

さらに医療が行き届いていない国や孤児院などでも積極的に普及活動をしているんですよ。

セミナーについて

このボディートークシステムを学ぶためには、セミナー受ける必要があります。

セミナーには大きく2種類あります。

ボディートークアクセスができるようになるためのセミナーと、フルセッションをするためのセミナーです。

ボディトークアクセスを学ぶセミナー

・ボディートークアクセスセミナー

このセミナーは1日で学ぶことができます。
日常のセルフケアとして使えるテクニックを5つお伝えします。それと、その基本のテクニックを応用して怪我や火傷などをした時の急性期に痛みの緩和などに使えるテクニックもお伝えします。

樋渡
このセミナーは私も2014年から開催することができるようになりました。主に東京で月に一回開催しています。
私が開催しているボディートークアクセスセミナーの日程はセミナーのご案内をご覧ください。
全国各地での開催情報は、ボディートークジャパンの「ボディートークアクセスセミナー」紹介をご覧ください。

フルセッションをするためのセミナー

・基礎セミナー
・意識の原理
・生体力学
・心身の大宇宙
・マトリックス力学

ここでは詳しくは触れませんが、フルセッションができるようになるには、まずは基礎セミナーを受ける必要があります。

基礎セミナーを受けるには、ボディートークアクセスセミナーを受けることが必須となっております。
なので施術士としての認定を受けるためにはボディートークアクセスセミナーを受けることが必須です。

どんな人が受けることができるのか?

ボディートークアクセスセミナーは、どなたでも受けることができます。

ある程度身体のことに詳しくないと受けることができないと思われていることもあるのですが、そんなことはありません。

セミナー中に専門的な用語が出てくることもありますが、特にそれを覚えなければいけないということもありませんので、安心して受けていただくことができます。

今までには、専業主婦の方や会社員の方から、看護師、理学療法士、鍼灸師、整体師、パーソナルトレーナーなど、専門の知識をお持ちの方まで、幅広い方達が受講されています。

樋渡
あえて言うならば、自分の健康に対して関心がある人、そして家族や知人の健康に対してサポートをしてあげたいと考えている方に受けに来て欲しいですね。
そしてもちろん、これから施術士を目指していきたいという方も大歓迎です。

まとめ

ボディートークシステムは、

・フルセッション
・ボディートークアクセス

の二つに分けることができます。

フルセッションとは、クライアントがより健康になるためには何をするべきかということを施術士が見つけ出していく、ボディートークの施術のことを意味します。

ボディートークアクセスとは、健康のために毎日できる5つのセルフケアのやり方と、痛みなどの緩和に使えるテクニックの一連のプログラムの名称です。

そして、フルセッションができるようになるためのセミナーと、ボディートークアクセスのテクニックを覚えていただくためのセミナーがあります。

フルセッションができるようになるためのセミナーに参加するには、ボディートークアクセスセミナーに参加することが必須となります。

次回は、
ボディートークアクセスで期待出来る効果

ボディートークのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。