この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

先日、吃り(どもり)の原因と解消方法についての質問を受けたので僕なりに今まで学んできたことの中からの見解を回答させていただきました。

同じようなお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

吃りを治したいです

名前
吃りを治したいために、原因と解決法を調べています。

言葉がつまり特にカ行と、タ行の時に胸と喉に勝手に力が入り、言葉がでてきません。

つまります。

横隔膜と吃りの関係はありますか?

樋渡
吃りに関してですが、僕が知っている範囲でお伝えさせていただきますね。
 
経絡という鍼灸師の人がよく使うエネルギーの流れがあります。
 
その中の心経(しんけい)というエネルギーの流れの滞りが吃りと関係していることが考えられます。
 
なぜかというと、このエネルギーは舌のコントロールをしていて、滞ることによって舌がうまくコントロールできなくなり、吃りが生じます。
 
ただ、これもあくまで原因の一つとして捉えていただくといいかと思います。
 
絶対にこれが理由というわけではありませんので。
 
 
 
これが心経です。
 

周囲の人間関係からの影響

樋渡
どもりが始まった頃に周囲にすぐに怒るような人や、行動や言動をコントロールしたがる人がいると吃りにつながってしまうことがあります。
 
 
「何か言ったらまた怒られてしまうかもしれない」
 
という感情が出てしまい、それでうまく喋れなくなってしまいます。
 
例えば、幼少期の親子関係や保育園や幼稚園、学校の先生との関係が関わることがあります。
 
過去のことでも、潜在意識に「喋ると怒られる」というのが刷り込まれていることがあるので、そうなると大人になってからもそれが抜けなくてどもってしまいます。
 
なので、本音を伝えたりするのが苦手になってしまいます。
 
さらに、吃ってしまうことによって、「また吃ってしまったらどうしよう」というような心理的な影響があると、吃るたびに脳の中で記憶されてしまいます。
 
そうなるとまた吃りにつながってしまうという悪循環が起きてしまいます。
 

関連する症状

 
樋渡
 
心経が滞る時の他の症状として、腕が上がりにくくなることがあります。
 
体は弱くなっているところを守ろうとするので、心経が流れている脇の下を腕で守るためには腕を上げない方がいいので実際に腕が上がりにくくなります。
 
心経は、心臓に関連するエネルギーの流れでもあります。
 
心臓からは強いエネルギーが出ています。
 
自分自身を守ろうとするのであれば、本当は胸を張ることで心臓がオープンになりエネルギーが出やすくなります。
 
そうすることでエネルギーの流れが強くなります。
 
ですが、言いたいことが言えなかったり受け身になてしまうと、自分を守ろうとして猫背のようになってしまいます。
 
それが実は心臓から出るエネルギーを弱めてしまうことにもなります。
 
さらに心経は手首にも流れているので、手首が硬くなることもあります。
 
なので手首のストレッチをするということも有効になります。
 

手首のストレッチ

手首のストレッチをすることが吃りと直接関わるわけではありません。
 
ですが、心経のエネルギーの循環をよくするためにはやっておいて損はないので試してみてください。
 
 
  1. 肘を伸ばして手のひらを上に向けます。
  2. 反対の手で指先を持って曲げます。
  3. これを左右やりましょう。
 
無理やり曲げる必要はないので、気持ちいいと感じるところで伸ばすようにしましょう。
 

横隔膜との関係性

 
樋渡

きっと横隔膜との関係性についてはこちらの記事を読まれたのですよね?。

 
 
こちらの記事では横隔膜と感情の関係性についても書いています。
 
ご質問にあった横隔膜との関係を考えてみると、横隔膜は感情を溜め込むので、普段から感情表現せずに溜め込んでしまっていると横隔膜の動きが制限され呼吸が浅くなります。
 
この横隔膜に溜まってしまった感情を解放できると、素直に感情を表現できるようになり呼吸も楽になります。
 
それにうまく表現できるようになることで自身もついてきますので、結果的に吃りにもいい影響があるかもしれませんね。
 

まとめ

 
吃りには成長段階での心理的な要因が関わっていることがあります。
 
特に、吃りが始まった頃に周囲に怒りっぽい人やあなたのことをコントロールしようとしている人がいた場合はそれも一つの要因になっている可能性があります。
 
それが心経という舌のコントロールをしているエネルギーの循環に影響が出ることによって、吃りが起きることがあります。
 
これだけが全ての原因というわけではありませんが何かの参考になれば幸いです。
 
ボディートークの施術では、症状の根本の原因になっていることを探し出していくことができます。
 
なので、施術では症状の背景にあるものを見つけ出すことによって、自然治癒力をサポートします。
 
ボディートークの施術についての詳細を知りたい方は、
 
 
をお読みください。
 

ボディートークセッションのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。