ボディートークアクセスセミナー

 

IMG_7368こんにちは!樋渡です。

自然治癒力を高める」そして「ストレス対策のツール」として使える6つの手技をお伝えするセミナーを定期的に全国各地で開催しています。

ストレスがたくさんある生活をしていると、

自然治癒力は低下してしまうということを知ってましたか?

 

例えばこんなことはありませんか?

 

  • 最近怪我の治りが悪くなったと感じる
  • 年々薬を飲む量が増えている
  • 寝ても翌朝疲れが抜けなくなってきた
  • 関節の節々が痛むようになってきた
  • ぎっくり腰を頻繁に繰り返すようになった
  • 常に頭が重くスッキリしない日が続いている
  • 風邪を引きやすくなった
  • 体の老化や衰えを感じる

 

こういったことを日々感じている方は自然治癒力が落ちてきているかもしれません。

自然治癒力は誰にでも備わっているものですが、ストレスを受けることによって低下してしまいます。

自然治癒力がうまく働く状態の時というのは、心身ともにリラックスしている必要があります。

現代では様々なストレスがあることによって、リラックスするのが難しくなっています。

 

例えば、職場や学校の人間関係、育児、金銭面、将来の漠然とした不安、健康面、自然災害や環境汚染、過去のトラウマなど。こういったストレスがいくつも積み重なることによって、常に心身ともに疲れてしまっているという人がたくさんいます。

 

こういったストレス環境の中にいると、自然治癒力は低下してしまいます。

なぜストレスが自然治癒力を低下するのかを理解するのには、身体の神経システムの働きを考えてみると分かってきます。

 

副交感神経優位の状態を作ることが

健康を取り戻す鍵になります。

 

神経には二つのモードがあります。

身体を緊張させる交感神経系と副交感神経系の二つのモードです。

交感神経と副交感神経は同時に働くことができません。

 交感神経優位の状態を、「闘争・逃走モード」副交感神経優位の状態を「リラックスモード」とも言います。

 

交感神経優位な状態

交感神経優位な状態

副交感神経優位な状態

副交感神経優位な状態

 

 

 

 

 

 

ストレスがかかると交感神経が優位の「闘争・逃走モード」になります。

これは危険を察知して「闘うか逃げるのか」の選択を迫られている状態で、身体がそれに適した状態になります。

目の前にライオンがいるという状況を想像してみてください。

お腹を空かせたライオン

お腹を空かせたライオン

 

心拍数が上昇し、血圧は高くなり、呼吸は浅く早くなっているはずです。

これは当然逃げるために筋肉に栄養と酸素を送りこむためです。

今、逃げるためにエネルギーが必要になるので、エネルギーを蓄えるインスリンの働きが抑えられ 血糖値も上昇します。

そして、命に関わる状況なので免疫機能、生殖機能が抑制されます。自分が今生き残ることが最優先となります。

さらに新しい骨を作る必要がない状況なので、新しい骨を生成する能力が低下します。

これがストレスがかかって交感神経優位の「闘争・逃走モード」になっているときの身体の状態です。

もちろん現代ではライオンに襲われるような状況になることは日本で生活している限りあり得ない話ですが、日常生活においてストレスを感じる時と、目の前にライオンがいる時の身体の反応には違いがありません。

 

なので、ストレスが多い人はそれだけで、

  • 心臓に負担がかかる
  • 高血圧のリスクが高まる
  • 糖尿病
  • 免疫力の低下
  • 不妊や流産
  • 性欲の減退
  • 骨密度の低下

ということが考えられます。

 

これが副交感神経が優位な「リラックスモード」になると、身体の反応としては全て逆になります。

心拍数、血圧が下がり、呼吸は深くゆっくりになります。

エネルギーを蓄え、免疫機能が働き始め、生殖能力も高まります。

そして新しい骨の生成も始まります。

 

副交感神経が優位な状態にならないと身体は回復を始めないのです

 

つまり、いかに副交感神経優位の状態を作るか、というのが健康にとって重要な要素となります。

 

人間のストレスは長期化する

 

ここまでの説明を読んでいただければ、身体を回復させるには副交感神経が優位な状態を作る必要があるということを理解していただけたと思います。

では、どうしたら副交感神経が優位なモードを作ることができるかということなのですが、その前にもう一つ知っておいていただきたいことがあります。

それは、人間のストレスは長期化しやすいということです。

人間のストレスは長期化する

人間のストレスは長期化する

 

運良くライオンから逃げきることができたとして、その直後に食事をすることができるでしょうか?

おそらくほとんどの人がこの質問には、「ノー」と答えるはずです。

もしここで自信をもって「イエス」と答えられる人にとっては、ストレス対策をする必要はないでしょう。

ですが、ここで「ノー」と答えた人は何かしらのストレス対策が必要になります。

そうしなければ、いつまでも交感神経が優位な状態が続き、副交感神経優位の状態を作れないからです。

 

日常生活に置き換えてみても、会社での人間関係がうまくいかずストレスに感じていたとしたら、会社に行くたびにストレスにさらされることになり、常に交感神経が優位の状態になってしまい、家に帰っても休んだ気がせず次の日を迎えてしまう。

これを繰り返すことによりストレスが慢性化されていき、いつの間にか副交感神経優位の「リラックスモード」になることが難しくなってしまいます。

 

では、どうしたらいいか?

それは、意識的に副交感神経優位にすることができるようになることです。

通常は、慢性的に高いストレスレベルの環境にいる人は、自分で交感神経優位な状態から副交感神経優位な状態に切り替えることは難しいです。

この切り替えがうまくいかずに、過食に走るという方はとても多いです。

その証拠にストレスでやけ食いをしてしまう人がいますよね?

食事でも副交感神経優位にはなりますが。。

食事でも副交感神経優位にはなりますが。。

食事をすることで無理やりに交感神経が優位な状態から副交感神経が優位な状態にするのです。

ここで短絡的に、「じゃあストレスがたくさんある時にいっぱい食べれば、副交感神経優位な状態を作れるから、いっぱい食べよう」とならないでほしいです。

ストレスを抑えるために、過食に走る習慣がついてしまうと、それが癖になってしまいなかなか抜け出すことができなくなってしまいます。

なのでこれはあまりいい方法とは言えません。

もちろん全員がこうなってしまう訳ではありません。

ちゃんとストレスがかかってもうまく対処することができれば、自然と副交感神経優位な状態に切り替わります。

でも、ストレスにうまく対処できない方も多いです。

では一体、どうしたらいいのか? 

ボディートークアクセスセミナーでお伝えするテクニックがとても役に立ちます。

このセミナーでお伝えするテクニックを自分にやることで、意識的に交感神経優位な状態から副交感神経が優位な状態を作り出すことができます。

 

そうすることで、ストレスを軽減し、自然治癒力が高く健康的な体と心を手にいれることができます。

そして、それをご家族やご友人、何か施術をしている方でしたらクライアントに対しても使うことができます。

 

ボディートークアクセスセミナーでお伝えすること

 

自然治癒力を高める」そして「ストレス対策のツール」として使える6つの手技をお伝えします。

この手技を使うことで、交感神経優位の闘争・逃走モードから抜け出すことができ、副交感神経が優位な「リラックスモード」に自分で切り替えることができるようになります。 

そして、これらのテクニックを毎日実践することで、ご自身の自然治癒力の低下を防ぐことができます。そして同時にストレス対策に非常に有効的な方法となります。

6つの手技は、自分の手のひらと、どの家庭にも必ずある道具を使ってできるものとなっています。

 

  1. 大脳皮質  脳をリラックスさせる
  2. 切り換え  ストレスレベルを軽減させる
  3. 水和  身体の水分代謝のバランスをとる
  4. 体化学  免疫力を高める
  5. 相互部位  筋肉や骨格の協調性を高める
  6. ファーストエイド 急性期の痛みの緩和

 

これらのテクニックのやり方、理論的背景をパワーポイントを使いながら説明していきます。

パワーポイントを使った講義

パワーポイントを使った講義

大脳皮質

ボディートークのテクニックの中でも最も重要なテクニックで、右脳と左脳、どちらかに偏らずにどちらも協調して働くことができるように促します。

リラクゼーション効果や頭をすっきりさせる効果が期待できます。

切り換え

ストレスレベルを下げることができ、交感神経優位な「闘争・逃走モード」から抜け出すのに役立ちます。

水和

水分代謝のバランスを良くします。水がたまりやすい人には排泄を促し、水の吸収がうまくできない人には吸収が良くなります。

体化学

免疫力を高めることで、体に悪い影響を与える微生物や毒素などの排泄を促します。

相互部位

筋肉や骨格のバランスを取ることで、姿勢の改善、可動域の向上などの効果が期待できます。

ファーストエイド

急性期の怪我や痛み、やけどなどの緩和に使えるテクニックです。

慢性痛にもよく効くテクニックです。

 

1日でこのやり方を覚えて、実践することで、日常的な健康の維持をすることができます。

そして、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態を自分で意識的に作り出すことができます。

そうすることで、ストレス対策のとてもいいツールとなり、自然治癒力が高い状態を保つことができるようになります。

心の健康と身体の健康

現代の西洋医学では、基本的には心と身体を別物として扱うことが当たり前とされています。

何かの症状があれが、それに対処するための方法を考えます。

ですが、なぜその症状が出る必要があるのか?ということを考える事はしません。

それは緊急の時には、絶対に必要なことです。

でも、心と身体のつながりということも考慮したほうが、現代社会で生きにくためには必要ではないでしょうか?

心が元気でも身体は不健康。

身体が元気でも心が不健康。

ではなく、どちらも健康な状態に保つことで、本当の健康が手に入るのではないでしょうか?

是非、このセミナーに来て、心と身体の健康を”自分で”手に入れる方法を手に入れてください。

 

セミナー参加者様の声

T・Aさま

本日は長時間ありがとうございました。樋渡先生の気さくな話し方がとてもよく、受講前には少し不安もあったのですが、最初の15分ほどの説明で不安は消えました。

人間の身体のメカニズムに感動しました。ありがとうございました。

A・Yさま

ボディートークについては全く何も知らずに参加しましたが、簡単で安全で、効果が高いテクニックであることを知り、とても驚きました。私の行っている施術にも取り入れるチャンスがあのではないかと思っています。まずは、自分で毎日実践し、効果を確かめて、家族や友人に試してみたいと思います。今からその効果を見るのが楽しみです。

K・Yさま

大変分かりやすく楽しい授業でした。家族や友人、知人にも教えてあげたいと思いました。朝10時から17時半まで始めは長いと思いましたが、あっという間でした。本当にためになりました。ありがとうございました。

M・Yさま

自分が受けた後、身体がすごく軽くなって気分が良くなったことを、ボディートークを受けた事の何人に磨越しでも体感してもらえたらいいなーと思い、家に帰ってから練習して皆にやってあげたいです。

長澤千枝さま

実際に習ったテクニックを練習する時間がたくさんあって良かった。説明は分かりやすかった。少人数で質問もたくさんできる雰囲気で良かった。身体の未知なる可能性を感じることができた。

根本朋穂さま(理学療法士)

今回受講させていただいた理由として、自分自身、職場での治療効果の限界を感じており、経験を重ねていくにつれ、「病気の本質はなんなのか?」とう壁にあたりました。ボディートーク以外にも他のセミナーにも出席しておりますが、理論的に説明をして頂き、「自分で病気を作っている(ストレスetc)」ということに改めて実感しました。

今回はアクセスセミナーで簡素化されたプログラムでしたが、充実した内容で私自身が家族、臨床現場で役立てていきたいと思いました。

宮代美恵子さま

Facebookでのセミナーの様子をみて、自分のカラダのメッセージを効くことが出来る内容だと思い受講しましたが、次のステップでの内容のようでした。

実際に受けた内容は基本的なセルフ及び施術方法を分かりやすく説明して頂き受講して良かったです。

脳への伝達方法に対して、また、あらたなアプローチが増えて早速自分でも今日から取り入れていきたいと思います。

痛かった足首が気がつけば痛くなくなっていた事がうれしかったです。

今日はありがとうございました。

S・Tさま

期待していた内容より、質も内容も充実しており大変長時間ではあったが、非常に短く感じた。

今までの健康法・養生法で何か足りないと感じていたモノをこの1日で気付き、自分自身にというか自分が満たされ、さらに今後もっと上を目指したいと思います。ありがとうございました。

U・Kさま

健康に関する話題や情報があふれていても、健康にいきている人は少ない気がするのはナゼだろうと思いました。ストレスが多いとはいえ、自分で治せるものもあるハズなのに、ムダにいろいろなケアに行っている時も多いのではないか?

自分で治せるということは、スバラシイと思います。カラダの声がきけるようになりたいです。

新しいけど、根源的でとても良い治療法だと思います。

O・Kさま

HPでは分からない細かく豊富な知識を交えて教えていただき、受講できて良かったです。

説明も分かりやすく、初心者の私でも抵抗なく受け入れられることができました。

T・Aさま

本日はありがとうございました。とても楽しい講座を受けることができました。

なかなか表現が難しく、友人に伝えるも難しいですが、効果は感じられるので、自分自身がもっと理解を深めて、ボディートークの良さをたくさんの人が知れればよいなと思います。

渡辺恵子さま

いつでもどこでもできる施術で、全身の調整ができるので、とても良いと思いました。

体の各部位や感情とのつながりについても、もっと学びたくなりました。これまで学んできた、整体や心理、陰陽五行、脳幹へのアプローチなどがボディートークで一つにつながりそうです。

K・Gさま

思ったより会場は静かで受講しやすかった。あまりのどがかわかなかったので飲まなかったのですが、飲み物や軽食も用意して下さり、良いと思えた。

あまりこういったセミナーは行ったことがなかったが、パワーポイントでの説明は分かりやすかった。

実際実技をする時も、けっこう間違えても親切に教えていただけたのが良かったと思う。

他の雑談的なことも興味深く聞けて良かったと思う。ありがとうございました。

T・Yさま

毎日無理なくシンプルに実践できる方法を教わることができて良かったです。

ファーストエイドも役立てていきたいです。

いろいろな臨床例を伺えて時間の短いなkにもボディートークの魅力を少し伺えた気がしました。

N・ Aさま

免疫力を高め、健康維持増進したい方へお勧めの講座です。

K・Aさま

やってるうちに身体が楽になっているのが分かりとても楽しかったです。

池田あづささま

腰を痛めた直後で参加しました。1日アクセスをしていたため、終わりころにはかなり楽になりました。

セッションを受けたりしてきましたが、可動域の変化や症状の軽減は今日が一番強く感じました。

自分を理科して施術を受けるとアクセスの効果も増すのかと思っちゃいました。

今後様々な場で活かしていきます。

S・Tさま

大変役に立つセミナーでした。

本日学んだアクセス方法を練習して、自分や家族に実践したいです。

Y・Mさま

身体のことをよく教えていただいて満足です。

少しでも健康維持できるように、毎日習慣にしたいと思いました。

ありがとうございました。

O・Aさま

とても興味深い内容で勉強になりました。

家族や友人や自分に試してみます。少し怪しいのかな?という気持ちがあったのですが、詳しく教えていただけて、今はもっと知りたいという気持ちになりました。

ありがとうございました。

Y・Tさま

友人より聞いたボディートークを実際受け、今日に至りました。

心理カウンセラーとして今後はやっていきたいと思っていた矢先に聞き、体験し、カウンセラーとクライアントの問題解決までの時間や金額、精神的負担が少なく原因が探れると思い勉強したいと思いました。

セミナーは座学だけでなく実技もあるので身体に覚えさせることができるので受講しやすかったです。

本日はありがとうございました。

I・Sさま

とてもわかりやすいセミナーでした、。

今後自分の生活の一部として取り入れるとともに、仕事(訓練・部活等)に活用していきたいと思います。

セミナー開催情報

東京開催

日程

2016年12月21日(水)9:30〜17:30
2017年1月9日(月・祝)9:30〜17:30
2017年1月25日(水)9:30〜17:30
2017年2月15日(水)9:30〜17:30

会場 フィットネスパートナーズ
住所

東京都千代田区一番町15-3 一番町SAビル4階

半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩3分
有楽町線麹町駅3番出口より徒歩3分

料金 21,600円(税込)
早割 19,440円(税込)
 一ヶ月前までにお申し込み・ご入金完了の場合

熊本開催

日程

2017年2月25日(土)9:30〜16:30

会場 くまもと森都心プラザ 多目的室
住所

熊本市西区春日1丁目14番1号

JR熊本駅 白川口(東口)より徒歩3分

料金 21,600円(税込)
早割 19,440円(税込)
 一ヶ月前までにお申し込み・ご入金完了の場合

鹿児島開催

日程

2017年2月26日(土)9:30〜17:00

会場 宝山ホール(鹿児島県文化センター)3階 第5会議室
住所

鹿児島市山下町5-3

バス停「金生町」、電停「朝日通り」より徒歩3分

料金 21,600円(税込)
早割 19,440円(税込)
 一ヶ月前までにお申し込み・ご入金完了の場合

お申し込み方法

受講規約に同意が必要になります。受講規約に同意の上、必要な情報をご記入のうえお申し込みください。

セミナーの申し込みは株式会社BodyTalk Japanが窓口となっておりますので、クリックするとそちらのサイトに移動します。

 

同意すると、情報を入力する画面に切り替わります。

一番上にある【受講セミナー】の欄にある、下記の日程の中からご希望の日程をお選びください。

  • 2016年12月21日 Access (東京都千代田区) 講師:樋渡旭
  • 2017年1月9日 Access (東京都千代田区) 講師:樋渡旭
  • 2017年1月25日 Access (東京都千代田区) 講師:樋渡旭
  • 2017年2月15日 Access (東京都千代田区) 講師:樋渡旭
  • 2017年2月25日 Access (熊本市西区) 講師:樋渡旭
  • 2017年2月26日 Access (鹿児島市山下町) 講師:樋渡旭

上記以外の日程でも同内容のセミナーはありますが、担当の講師が異なります。

それでは、全国各地でたくさんの人にお会いできることを楽しみにしております。