パニック障害がある方に実践してほしい自分でできる対処法

こんにちは!東京都千代田区一番町でボディートーカーとして活動している樋渡です。

ボディートークの施術を受けに来られる方の中には、パニック障害に悩んでいる方がいらっしゃいます。

こういった発作をもっている方に、ぜひ試してほしいボディートークのテクニックをご紹介します。

この自分でできるテクニックをお伝えしたら、症状が出なくなったという方もいますので、道具も何もいらずにできることなので、実践してみてください。

パニック障害とは?

パニック障害とは、そもそもどんな症状があるのでしょうか?

パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作です。 パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。

出典:パニック障害ってどんな病気

名前の通り、いわゆる混乱している状態ですよね。

誰でも不安や恐れなどから軽いパニックは経験したことがあると思いますし、むしろそれは正常な体の反応です。

ですが、これがひどくなると、外に出かけたりするのが億劫になり、電車に乗れなくなるなど生活に支障をきたすことがあります。

パニック中の脳の状態

パニック中の脳の状態はどうなっているのでしょうか?

脳の構造

脳は3層の構造になっています。

  • 大脳皮質 思考を司る人間的な脳
  • 大脳辺縁系 感情を司る動物的な脳
  • 原始的な脳(脳幹) 本能を司る爬虫類的な脳

外側から内側に向かって、大脳皮質、大脳辺縁系、原始的な脳(脳幹)です。

脳

パニック中は内側と外側のバランスが崩れる

ここでは脳の内側をピンク色のところ、脳の外側を黄色いところとします。

パニックになっている時というのは、内側の活動が強くなりすぎて、外側の脳の活動が抑えられてしまいます。

脳の内側は感情、欲求・欲望などを司ります。

脳の外側の部分は、理性や運動機能、感覚などを司ります。

つまり、感情的な脳の部分の働きが強くなりすぎて、脳の理性や運動機能を司る部分がうまく働かなくなってしまします。

とくに前頭前野の働きが抑えられてしまうと考えられています。

前頭前野というのは、脳の外側の前の部分です。この写真でいうと、左側の部分ですね。

普段はこの前頭前野が人間の欲求や欲望、感情などをコントロールしているのですが、ストレスがかかりすぎることで、内側の脳の働きが強くなり、コントロールが効かなくなってしまいます。

それでパニック発作のような症状が出てしまいます。

なので、この脳の外側と内側がバランスよく働くようにするということが重要になります。

大脳皮質のテクニック

ボディートークのテクニックの中でパニック障害にも有効なテクニックがあります。

それが「大脳皮質」のテクニックです。

これを行うことで、脳全体(左右・内側外側)がバランス良く働くようにすることができます。

そうすることでパニック発作からの回復にも役立ちます。

パニックを起こさなくなったクライアント

実際に私のところに通っているクライアントで、この「大脳皮質」のテクニックを毎日自分で続けたことによって、パニックの発作が出なくなった方がいます。

夜寝ている時に急に起きてパニックを起こすことがあり、家族もとても心配されていました。

この方はボディートークの施術と受けることと並行して、ご自身で毎日「大脳皮質」のテクニックを行ってくれました。

その結果、数週間のうちに眠りが深くなり、パニックにならなくなったという嬉しい報告を受けました。

このテクニックは、見よう見まねでできますので、テクニックを解説した動画をご紹介しますので是非試してみて下さい。

ペアでやる方法

ご家族やお知り合いがパニック発作になった時にはこのやり方を試してみてください。

なるべく深呼吸をしてもらうことを意識してください。

一度だけでなく何度繰り返しても大丈夫です。

繰り返すたびに落ち着きを取り戻しやすくなるので、是非何度も繰り返してみてください。

動画で説明しているのは、北海道の滝川市で活動している小西千尋さんです。

小西千尋さん

http://katarine-bt.petit.cc

自分でやる方法

こちらが自分でやるやり方です。

自分がパニック発作をもっているという方に是非試してほしいテクニックとなります。

こちらも同じで深呼吸をしながら行ってみてください。

自分がパニックになってしまってからやるよりも、日々のケアのためにやるつもりで毎日やってみてください。

気がついたらパニックを起こす頻度が減っていたりということを実感できるでしょう。

動画で解説しているのは全国を施術で飛び回っている福田康宏さんです。

福田康宏さん

http://blog.livedoor.jp/hyper_batchin/

パニック以外の症状にも効果的です。

この大脳皮質のテクニックはパニック以外の時にでも使うことができます。

むしろ、脳をリラックスさせることができるので、パニックが有る無しに関わらず日常的にやることをお勧めしています。

ストレスがある時というのは、脳が緊張状態になります。

そして体に何らかの症状が出ている場合も脳は緊張します。

もちろん感情的な問題が起きているときも同じです。

いかに脳を緊張状態から解放することが、自然治癒力を高める鍵になります。

こんな症状にも効果的です。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首のこり
  • パニック
  • ストレスの緩和
  • 筋肉の柔軟性の向上
  • 視力の低下
  • 精神や肉体の健康維持増進

 

などです。

この一つのテクニックをやることで、たくさんの効果が期待できます。

実際にやる前に首の動きや肩の動きを確認してからやると、終わった後に動きやすくなるのを感じられます。

誰にでも簡単にできるので、是非試してみてください。

※効果には個人差があり、パニック発作を治すためのものではありません。

ホルモンバランンスの乱れも?

パニックの最中に不安や怖れが強くなっている時というのは、ノルアドレナリンが過剰に出ている可能性があります。

girl-517555_1280

ノルアドレナリンが過剰に分泌されると、

  • 心拍数の増加
  • 強い不安
  • 怖れ
  • パニック
  • 攻撃性が増す
  • ソワソワして落ち着きがなくなる

などの作用があります。

適度な分量が出るには、やる気や集中力が増すなどの効果があるのですが、パニック障害などの場合には、ノルアドレナリンの過剰分泌が考えられます。

ノルアドレナリンの過剰分泌を防ぐには、セロトニンの分泌を増やすことが有効です。

セロトニンを増やすには?

セロトニンの95%は腸内で作られます。

なので腸内環境を整えることで、セロトニンを分泌しやすいい環境を作ることができます。

そして腸と脳には相関関係にあることも分かっています。

なので、腸内環境が悪いことで、セロトニンが不足してパニックを起こしやすくなるということも考えられます。

そのため腸内環境を整えるということは非常に重要なことになります。

最後に

今回の記事を書くきっかけになったのは、実際にパニック発作をもった方にこのテクニックをお伝えしたら、「次に発作が起きた時に自分で何かできることがあるというのは安心です。」と言われたからです。

このようにパニック発作がある方やその家族は、またパニックになったらどうしようという不安を常に抱えています。

なので、パニックになったときに落ち着かせる方法があるということを知ることで、この方のように発作が起きても大丈夫と思ってもらえることで安心感がもてます。

「大脳皮質」のテクニックは道具も何もいらないので是非試していただけたら幸いです。

一回、二回やれば良いというわけではなく、日常生活の中に取り入れてやってみてください。

そうすることでパニックを起こす頻度が少なくなり、日常生活が今よりも生きやすくなるはずです。

ボディートークアクセスセミナーのご案内

実技と講義があります。

実技と講義があります。

ボディートークアクセスセミナーでは、今回ご紹介した大脳皮質のテクニックも含めて自然治癒力を高めるための6つのテクニックをお伝えします。

  • 大脳皮質:脳全体の活動のバランスを良くし脳をリラックスさせる
  • 切り換え:ストレスを軽減させる
  • 水和:水分代謝のバランスを向上
  • 体化学:免疫機能のバランスを向上
  • 相互部位:関節や体の部位間の働きを向上
  • ファーストエイド:急性期や慢性の痛みの緩和

 

以上の6つのテクニックです。

ご興味ある方はこちらをご覧ください。

このセミナーは全国各地で開催さています。

私も含め他にも講師の方がいますので、全国での開催の日程はこちらをご覧ください。

ボディートークの施術のお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

 

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。