白髪が気になったら読んでください!白髪は警告する!

こんにちは、今日はご縁があって知り合った樋渡さんのブログに寄稿という形でおじゃまさせてもらっています。

樋渡さんとはブログマーケティングスクールで知り合いになりました。自由人のヒビちゃんこと、日比正人です。

自由人のヒビちゃん(日比 正人)の自己紹介

8984_404016679756825_613975618817004030_n 

自由人プロジェクトアドバイザー / WEBマーケッター / ブログライター

年齢と家族構成  53歳で妻との2人暮らしです。

職業  在宅の不労所得型ビジネスで、自由人として好きなときにビジネスやってます。

居住地  神奈川県大和市在住です。緑もあって良い所です。

出身地  北の大地、北海道生まれです。

趣味  家庭料理、無国籍料理、創作料理作り。朝から夜までインターネット!

ブログ  自由人を目指す人のためのライフブログ!

 

 さて、こんな私が今回寄稿する話題ですが・・・白髪です!どうですか?白髪、あなたは気になっていませんか?

あなたもご存知かもしれませんが、白髪はメラニン色素が足りない状態の髪のことなんですね。

あなたはまだ若いにも関わらず白髪が生えていませんか? 私、ヒビちゃんは53歳になります。

ですから、見えないところには白髪が生えてきていますが、同世代をみるともう真っ白の方が増えているような気がします。

また、以前に比べて若い方の「若白髪」の確率も高まっているような気がします。これはどうしてなのでしょうか?

白髪は、メラニン色素が充分に作られなくなることによって生まれます。そもそもできた瞬間の髪の毛はもともと真っ白で、そこにメラニン色素が混ざるので、さまざまな髪色として現れているそうです。

色素が足りなければ色をつけることはできませんから、当然白髪になってしまうというわけなのですね。メラニン色素はメラノサイトという細胞で作られます。

その際にはチロシナーゼという酵素の働きも欠かせないそうです。メラノサイトかチロシナーゼか、どちらかが充分に働いてくれないと白髪が生まれるという仕組みのようです。

では、どうしてメラノサイトかチロシナーゼが欠乏してしまうのでしょうか。その主な原因は何なのでしょうか?

 

髪が白いままの様々な原因って?

以前から、一般に白髪は遺伝による影響が大きいものだと考えられてきたようです。たしかに遺伝的要素も無視できない部分です。

でも、実際には複数の原因が相互に絡んでいることが多くて、遺伝だけを白髪の原因だと断言することはできませんね。

それよりもむしろ、白髪の発生には他の要素のほうが深い関連をもっているのではないかというのが、最近の定説にもなっているのですね。

白髪の原因の主な要素として、まずは老化による酵素の減少があげられます。メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼは、加齢とともに体内から減っていきます。

加齢って、何でも減少していくようで、いろいろと補充していかないといけなくなるようですね。

チロシナーゼが足りなければ、どれだけメラノサイトが健康なままであったとしても、スムーズにメラニン色素を作り出すことができなくなるそうですよ。

最も一般的な老化による白髪は、チロシナーゼが充分に働かないことで起こるものだと言って間違いではないでしょう。

だったら、チロシナーゼを増やせば良いんですね!

でも、逆に若白髪の人は、主にこれ以外の原因から起きているものだと考えることができますので、まずは栄養不足です。

白髪は食生活にもかなり関係があるようですよ。健康な髪の毛を保つためには、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが必須なのです。

特にミネラルは、チロシナーゼが働くためには欠かせない栄養素です。

 

白髪の大敵は、食事と無理なダイエット!

if-the-203517_1280

偏った食生活や無理なダイエットなどをしていると、これらの栄養素が充分に身体に行き渡りません。すると年齢に関係なく白髪の原因となってしまうそうですよ。

若いからと言って、毎日カップラーメンばかりの食事や、無理なダイエットを続けていると、白髪が増えることは確実ですね。注意したいものですね。

また、生活習慣の乱れから白髪になることがあります。不規則な生活や睡眠不足は自律神経のバランスを乱します。

自律神経は成長ホルモンの分泌や全身の血行などもコントロールしていますので、自律神経が乱れると新陳代謝や血行が悪くなり、白髪の原因となるそうです。

そして、これは現代もっとも増えている要因かもしれませんが、ストレスが大きな原因になることがあります。

ストレスは自律神経の乱れを招くため、髪にダメージを与えることになるからです。

白髪が気になって悩むと、そのことがさらにストレスを生み出す原因ともなりますので、悪循環に注意したいところですよね。

ストレスは病気を引き起こしてしまいますし、あなどれないですね。

現代病は、すべてがストレスが起因しているとさえ言われています。 

ビジネスでもストレスが過度にかかる仕事は避けたほうが、健康維持には良さそうです。

 

樋渡より

樋渡

ヒビちゃん、寄稿ありがとうございました。

健康オタクと事前に聞いていたので、安心して記事をお願いすることができました。

何事もストレスを減らすことを考える必要がありますよね。

白髪ネタで自律神経の働きについて書かれていたので、自律神経について補足した記事をご紹介します。

この記事の前半部分で自律神経(交感神経と副交感神経)について補足していますので、ぜひ見てみてください。 

 

自由人を目指す人のためのライフブログ!

 

bnr_response

 

 

 

 

 

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。