5ヶ月間のダイエット停滞期を乗り越えた!【ボディートーク症例】

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

食事のコントロール、筋トレや有酸素などの運動をしているのに、何をやっても痩せることができないっていう方いますよね。

もしくは、ダイエットの停滞期から抜け出すことができないという方も。

今回はダイエットの停滞期の方に対してのボディートークの症例の紹介です。

約5ヶ月間の停滞期をボディートークの施術をきっかけに乗り越えることができました。

これは個人差のあることなので、あくまで一例としてご紹介させていただきます。

半年で体重5,4kg減、体脂肪率3,5%マイナス

ダイエット&脚を細くしたいという目的でトレーニングに通われているクライアントさんが、約半年で体重を5,4kg落として、体脂肪を3,7kg落としました。

体脂肪率も3,5%マイナスです。

実際に脚の太さは計っていないのですが、もちろん細くなっていますし、ウエストもかなり緩くなったということを実感されています。

ここまでをみたら順調ですね。

ですが、それからも週一回のペースで通い続けていただいているのに、そこで頭打ちになってしまいました。

5ヶ月の停滞期に突入

体重・体脂肪率が変わらないというのがそこから約5ヶ月ぐらい続いていました。

まだまだ体重・体脂肪率を落とすことができるはずです。

数字もそうですが、トレーニングをしていてもなかなか目に見えて効果が現れてきません。

食事のコントロールなどもしていても思ったような結果にはつながりません。

それでもなかなか体重、体脂肪率が落ちていかないし、1番の目的の脚も細くならない。

この停滞期を打ち破るために、ボディートークの施術をしてみたところ、体重・体脂肪率が落ち始め、さらに脚も明らかに細くなってきました!

ボディートークの施術でダイエット停滞期を突破

ボディートークの施術を試しにやってみました。

この施術では、ダイエットがうまくいかない原因について直接体に問いかけるということをしていきます。

詳しく知りたい方は下記の記事をお読みください。

ボディートークの施術ってどんなことをするの?

2015.06.20

1回目の施術で分かったことは、

  • 炭水化物(ご飯やパンなど)
  • 糖類(砂糖やブドウ糖、果糖など)

これらの消化吸収がうまくいかないということでした。

これって、割と誰にでも当てはまりそうなものですよね。

ダイエットといえば、炭水化物抜き、糖質制限というイメージがありますしね。

ここで言いたいのは、消化吸収がうまくいかないからといって、炭水化物や糖類を食べない方がいいというわけではありません。

ボディートークでは、こういった栄養素も周波数だと考えています。

これらの栄養素の持っている周波数と自分自身の周波数が合わないと、うまく消化吸収されません。

そして食べても体の中でうまく代謝されない、エネルギーを生み出すことができません。

なので、これらの周波数を合わせることにより、食べたものの消化、吸収がしやすくなります。

この方はもともと炭水化物の量が多かった訳ではありませんが、食べてもうまく活用することができないような状態になっていたようです。

それで、ボディートークの施術で炭水化物や糖類がうまく使えるようにというバランスをとりました。

その結果、2週間後には体重が1,4kg減りました。体脂肪率は0,1増加したものの、体脂肪量は0,4kg落ちました。

施術後24時間はなるべく炭水化物や砂糖入りの食べ物を控えてもらいましたが、それ以降は特に何も今までと食生活・運動は変えていません。

測定した後にもう1度ボディートークの施術をしました。

ダイエット停滞期を乗り越えるための2回目の施術

2回目の施術で分かったことは、

  • 左顎関節と右仙腸関節のバランスをとること
  • 虫垂と回盲弁のバランスをとること
  • 回盲弁の締まりが悪く、大腸にいるはずの微生物が小腸のに移動している
  • 十二指腸の辺りにいる体にとっていい働きをしているはずの微生物が悪さをしている

ということです。

実際に左の顎の違和感、便秘の症状があったようです。

 

樋渡
左顎関節と右仙腸関節は虫垂と回盲弁との関わりがあります。

ここのバランスが崩れたことによって、回盲弁という、小腸と大腸のつなぎ目の部分にある便の逆流が起こらないようにしている弁が閉じにくくなっていることが考えられました。

そして、十二指腸(胃と小腸のつなぎ目)のところの微生物の環境が悪化していることによって、食べたものの消化がうまくいかない状態で、小腸に運ばれます。

そして弁が閉じにくくなっているため、そのまま大腸に運ばれるので、大腸内に長く留まることによって便秘になっていたようです。

これらのバランスを回復させるように施術をしました。

そしてまた2週間後に測定してみると、2回目に施術をした時から体重は0,4kg減、体脂肪率は1,8%減、体脂肪量は、1,1kg減です。

約一ヶ月で、

  • 体重57,9kg→56,5kg→56kg
  • 体脂肪率29,6%→29,7%→27,9%
  • 体脂肪量17,1kg→16,7kg→15,6kg

こんなに変化が出ました!

数字だけではなく、脚の太さにも変化が出てきているのが分かるぐらいです。

まだまだ、落ちる要素はあるので、これからも落ちていきそうです。

見事に5ヶ月の停滞期を抜け出すことができました。

追記です。

3度目の施術の1週間後にはもう一度測定したところ、

  • 重56kg→55,8kg
  • 体脂肪率27,9%→27,0%
  • 体脂肪量15,6kg→15kg

体重の減りはそこまでありませんが、初めて55kg台になりました。

そして、履けなかったきつめのパンツが履けるようになったと喜んでいました!

まだまだこれから落ちていくので、今後も楽しみです。

もっと早く施術をやれば良かったなとも思ったのですが、2月に腸内にいる微生物に対してのアプローチの仕方や、栄養素の消化吸収に対してのアプローチを習ったことが効果につながったのだと思います。

それ以前にやったとしてもここまで効果は出なかったかなと。

まとめ

ダイエットは必ずといっていいほど停滞期がやってきます。

最初は体重や体脂肪が落ちていっても、途中から止まってしまいます。

そうなった時に色んなことを試してみても効果が出ないということもあります。

ダイエット本に書いてあることを試してみても効果が出ないこともあります。

そんな時には、ボディートークの施術を試してみるのをお勧めします。

なぜうまくいかないのかの原因が分かるかもしれません。

そして、それが分かれば自ずと解決へ向かいます。

ダイエットに対しての症例は珍しいのでご紹介させていただきました。

ボディートークセッションのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

 

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。