沖縄でボディートークアクセスセミナーを開催してきました!神の住む島、久高島も観光できたー!

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

沖縄でボディートークアクセスセミナーの開催をしてきました。

今回は沖縄市コザ、そして那覇市首里の二箇所です。

今回は久高島への観光もしてきたので、癒されました。

沖縄では初めての離島でしたが、ハマりそうですね。次はどこの島に行こうか考え中です。

ちゃんとセミナーも開催して、参加された方達にも喜んでいただけました。

久高島でガジュマルに感動

久高島は神の住む島と呼ばれているということで、興味津々でした。

那覇空港からもそんなに離れていなくて、フェリーでも15分ぐらいということで行ってきました。

話によると、入ってはいけない人が行こうとすると天候が荒れていけないこともあるとか。

快晴ではありませんでしたが、無事に行くことができました。

一言で言うと、異世界ですね。

この何もない道を自転車で走ります。

しばらく走ると、島の最北端にたどり着きます。

ここは岩肌がむき出しになっているのですが、なんかいい空気のを感じました。

そして、この時点で携帯の充電が3%に。。

せっかく観光に来たのにほとんど写真を撮ることができませんでした。

帰りに、発見したガジュマルの木に感動しました。

自然のすごさを感じますね。

そして最後にフボー御嶽(ウタキ)。

沖縄ではお祈りをするところをウタキと呼ぶそうです。

ここは完全立入禁止のエリアです。

この横たわっている気は人工的に倒したものなのかどうか分かりませんが。。

この奥で神事が執り行われるそうです。

なんか独特の空気感がありました。

隣の観光客がガイドさんをつけていたので、なかなか面白い話が聞けました。

書いていいか分からないので控えますが、気になる方は直接お会いした時にでも。

そして、一通り島を回り、最後にビーチに立ち寄ったら派手にこけました。。

よく見ると左足の親指の側面から出血しています。

ボディートーカーとしてこれはチャンスです(笑)

ファーストエイドのテクニックを試せますからね。

このテクニックをやることで、痛みの緩和や、治るまでの時間を短くできるので重宝します。

すぐ、出血が止まり、痛みもすぐに消えました。

観光を終えて次はフェリー待ちをしつつお昼を食べに。

当然こうなります。

この時点で14:00ぐらいでした。

平日の昼に沖縄に来てビールを飲む。

最高の贅沢です。

そして店内は、外から猫が出入りしていて猫カフェみたいになってました(笑)

沖縄市・那覇市でボディートークアクセスセミナー開催

今回は、前日の早朝に入り終日沖縄を満喫しました。

沖縄市でボディートークアクセス開催

一日目は沖縄市での開催です。

症状をみるのではなくて何故症状が出なければいけないのか?を探します

実際のセッション例の話をしながら、ボディートークの施術は症状をターゲットにしてやるのではなく、症状がなぜ出なければいけないのか?という原因を探しだしていくという話をしているところです。

この原因というのが、筋肉や関節や内臓などにだけあるとは限らず、過去のトラウマなどの精神面からくることもあります。

それらを紐解いていくのがボディートークの施術です。

この時には、右肩の痛みを例に過去の症例の話をしました。

右肩の痛みがしばらく治らないということで、ボディートークの施術を受けに来ました。

姿勢をチェックしてみると右肩が明らかに下がっています。

それを確認してから施術をしました。

それで分かったことは、

  • 肝臓に怒りの感情があるということ
  • 過去の職場での上司とのトラブルがあり未だに忘れられず怒りがこみ上げることがある

ということでした。

特に過去の記憶を未だに解消しきれずにいることによって、それが肝臓に影響を与えているということです。

体は弱いところを守ろうとする働きがありますので、肝臓に怒りを溜め込んでいたら、そこを守ろうとして右肩が下がり、腕が内側に引き寄せられます。

そうすることで肝臓を守ることができます。

当然腕を上げない方が肝臓を守りやすいので、腕を上げたら痛みが出れば上げないので肝臓を守ることができますよね。

なので、この過去の記憶と肝臓のつながりを見つけて、バランスをとるためのテクニックを使ったら肩の高さが戻り腕を上げても痛みが出なくなりました。

肩の痛みという症状だけをみていたら、なかなか良くならなかったはずです。

こういったことが本当の原因を探すということです。

初日は後半から質問もたくさんあり、僕にとってもたくさんの学びになりました。

すでにボディートークの施術士を目指すことを決めてからセミナーに来ていた人もいたので、皆さんとても積極的でした。

那覇市でボディートークアクセス開催

那覇での開催は少人数だったので、初日とも雰囲気が全く違いましたが、皆さんキャラが濃くてなかなか面白かったですね。

ですが、前日とは全く違いほとんど質問がありませんでした。。

質問が大好物な僕としては、話し足りない気もしましたが、そのぶん練習の時間をしっかりと確保できたので良かったかなと思います。

ボディートークのデモセッション

セミナーでは、ボディートークの施術を教えるわけではなく、実際にどんなことをやっているのかを見てもらうためにデモセッションを行います。

 

どんなセッションだったかというと、本人から感想を掲載してもいいとのことなのでシェアします。

もともとセミナー中に何度も咳き込んでいました。

僕もセミナー中からそのことが気になっていたので、その咳き込む症状の原因は何かを探して行きました。

セッションを受けて、胎児期の記憶からの感情ということで自分では答えも解決もできない問題に気付かされ、解放できたことにとても感謝しています。

本当にありがとうございました。

ボディートークの不思議さに驚いています。

内容を少し補足すると、肺に何かの悲しみがあるということが分かりました。

それが家族に対する悲しみだったので、家族構成を聞いたところ実は双子だったそうです。

でもその残念ながら双子は生まれることができなかったそうです。

その時に自分は見ていて何もすることができなかったという悲しみが肺に残ったままになっているということでした。

ボディートークの施術ではこのように胎児期の記憶というのがよく出てくることがあります。

お腹の中にいた時のことは覚えていなくても、潜在意識には残っているので、今回の施術ではそれを解消する必要があったようです。

セッションが終わってから帰るまでに一度も咳をしていなかったので、今現在の症状に関係していたのだと思います。

自分では原因が分からないことでも、ボディートークの施術では原因が見つかることもありますので、ご興味ある方は是非受けに来てくださいね。

今回は一日観光できたし、二日間でたくさんの出会いもありました。

今後の沖縄でのボディートークが広がっていくのが楽しみです。

次は秋頃に開催の予定です。

沖縄の皆さんお世話になりました!

セミナーが無事終わって解放されました。きっとこんなユタはいないはず。。

ボディートークセッションのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。