ボディートークで自然治癒力を高めるってどういうこと?

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

ボディートークアクセストレーナーの樋渡です。

来週から全国ツアーが始まります(笑)

2月は熊本、鹿児島。

3月は沖縄は沖縄市・那覇市の2ヶ所。

5月は北海道は帯広・北見・中標津の3ヶ所。

6月は仙台を予定しています。

全部ボディートークアクセスセミナーです。

これだけ色んな地域から声をかけていただき、チャンスがもらえるのは本当に嬉しいことです。

ボディートークで目的としているのは自然治癒力を高めることです。

自然治癒力を高めるとはどういうことか?

そして自然治癒力を高めるには何が必要かをお伝えします。

ボディートークの目的は??

ボディートークは自然治癒力を高めることや、体と心のバランスを回復させることを目的としています。

何か特定の症状を治すことを目的にはしていません。

それでもよくあることですが、セミナー中に慢性的な痛みがなくなります。

昨日東京で開催したボディートークアクセスセミナーの最中にも、

  • ヘルニアの影響から腰の痛みがあったのが、痛みが全くなくなった。
  • 両足の痺れに悩まされていたはずの方が気がついたら痺れが取れていました。

など。

この二つの症状に対してアプローチをしたわけではなく、あくまでも自然治癒力を高めるのに必要なことをやっていただけです。

実際に参加者からその後の様子のメールが届きました。

鎮痛剤を飲まずに過ごせているってすごいですよね。

もちろん鎮痛剤が必要な場面はあるでしょうが、それが毎日となると負担もあります。

この方はきっと、今までは鎮痛剤が手離せなかったのが、今では鎮痛剤飲まなくても大丈夫という風に固定概念が変わったはずです。

これができると治癒が促進します。

慢性的な腰痛を治すことと痺れをとることの共通点は??

腰痛を治すこと、痺れを取ることを目的としていないのになぜその症状が良くなるのか?

それはどちらの症状を治すにも自然治癒力を高める必要があるからです。

仮に、腰椎ヘルニア由来の痛みを治す方法や、足の痺れを治す方法というのがあったとします。

これらはすごく具体的なテクニックになりますよね。

そしてその症状を治すのにはとても効果的なものでしょう。

一方、自然治癒力を高めるというのはとても抽象的な表現です。

でも、抽象的なものの中には具体的なものが含まれています。

なので、自然治癒力を高めるの中には、腰椎ヘルニア由来の痛みを治す、足の痺れを治すどちらも含まれています。

どちらも結局のところ自然治癒力が働かなければ治癒には向かいませんからね。

だったら、そもそも治癒力が高まっていけば自然と治るのではないか?ということです。

セミナー中には、自然治癒力を高めるために必要なテクニックを繰り返し行います。

そして既存の概念をぶち壊すような話もします。(これが結構重要)

慢性的な痛みは、なんとかしたいと思いつつも本人も諦めていることが多いです。

もう治らないものだと。

でも、そんなことはないです。

自然治癒力にはそれだけのパワーがあります。

治らないと思っている人に、治るかもしれないと思わせることも必要で、そうすると、今まで痛いのが当たり前だったのが、実は当たり前ではないということに気がつき、いつの間にか体が回復へ向かいます。

困った時のファーストエイド

僕がこのセミナーの中でも一番強力で、即効性があると感じているファーストエイドというテクニックがあります。

捻挫、やけど、打撲などの応急処置のためのテクニックですが、これが慢性的な痛みなどにもよく効きます。

そして麻痺が起きて動かなくなっている部位にもよく効きます。

何度もこれに助けられたし、絶対無理だと思うような痛みや症状が回復していくのを目の当たりにしてきました。

これを何度も何度も経験するうちに、僕の中にあった「これは良くならないでしょう。。」というような価値観が壊れていきました。

まさに困った時のファーストエイドです。

これを知ってしまったことで僕のトレーナーとしての人生は大きく変わりました。

細かい分析をしてなぜ痛みが出ているのかを考えることがなくなりました。

今のところそれをしなくても、痛みなどある場合にはファーストエイドのテクニックをやれば大体解決します。

解決しなかったらそこから分析を始めます。

そして、分析した結果に対して適切なアプローチ(僕自身がそう思っているだけ)をしても効果が出るときと出ない時があるということに悩まされることもなくなりました。

分析するためには、たくさん知識やそれを観察眼、そして技術がなければいけません。

でも、原因が知っている範囲内にあるとは限らないのです。

だからトレーナーは知識や技術を追い求め続けなければいけないのですが。。

実際のところ、クライアントさんの大半は症状が良くなればいいのです。

分析して道筋を立てて説明して、良くなればいいです。

でも少なくとも良くなるまでには、時間がかかります。

先の腰痛や痺れに関しても同じで、構造的な原因を見つけたとしても、それを改善するためには時間がかかります。

なぜなら、回復までに時間がかかると思っている人がほとんどだからです。

そういう風に学校やセミナーで教わるからです。

でも、自然治癒力が高まればそんなに時間を必要としません。

その場で良くなることも多々あります。

それこそメールにもあったように劇的に。

ファーストエイドはセミナーの最後に伝えるテクニックです。

参加者たちの体に痛みがある場合、これをやることでだいたい解消セミナー終わる頃には痛みがなくなって帰っていきます。

今日はファーストエイドをやらずして慢性的な腰痛がなくなり、痺れも無くなりました。

長時間座っていると必ず痺れるそうですが、9:30〜17:30の座学中心のセミナーでも全く平気だったと不思議そうな顔をしていました。

これも自然治癒力を高めていった結果です。

結局のところ自然治癒力は自分に備わっている能力で、それが働かなければ治癒しません。

自然治癒力を高めるにはどうしたらいいのか?

自然治癒力を高めるにはどうするか?

  • 脳を落ち着かせること
  • 間違った思い込みをなくすこと

この二つが重要です。

脳を落ち着かせること

自然治癒力を高めるには脳を落ち着かせることが重要です。

右脳、左脳の活動の状況がバラバラだと治癒力は高まりません。

この状況は脳は落ち着いてはいません。

そして脳の内側と外側のバランスも大切です。

内側が強くなりすぎると感情的になり、外側の活動が弱くなり理性がうまく働かなくなってしまいます。

これも自然治癒力が働きにくい状態になってしまいます。

ボディートークアクセスでは、

  1. 大脳皮質ー右脳と左脳バランスをとる
  2. 切り換えーストレスレベルを下げる
  3. 水和ー水分代謝のバランスをとる
  4. 体化学ー免疫機能のバランスをとる
  5. 相互部位ー筋肉や骨格、経絡のバランスをとる
  6. ファーストエイドー応急処置のテクニック

で構成されています。

これらは結局のところ脳に対してのアプローチになっています。

なので、脳の活動の状態が整うことで、自然治癒力が働きやすくなっていくのです。

結果的に症状が軽くなっていきます。

しかも一つの症状だけではなく、体にある様々な症状が一気に。

間違った思い込みをなくすこと

特に、治らないと思い込んでいたら治らないです。

  • 自分は何をやっても効果がない
  • 自分のことを治せる人は誰もいない

などのように思い込んでいたら、自分の治癒力を全く信じていないので、これはこの考え方を変える必要があります。

それができると自然治癒力が回復していきます。

僕のセミナーでは、指の第一関節を切断してしまって、拳を握ることができなくなっていた人の話をします。

病院でのリハビリを終えても、まともには握ることができなくなっていました。

でもそれが、先ほどから紹介しているファーストエイドのテクニックを一回使ったら握れるようになりました。

この話を聞いて、すごいと思う人もいれば、そんなはずはない、と思う人もいます。

自然治癒力が高まるのは、もちろん前者です。

でも後者の型でも、セミナー中に何度も症例の話をしていくので、もしかしたら良くなるかも?と思ってくれているのだと思います。(そう信じたい)

そうすることで、徐々に今まで絶対に治らないと思っていたものが、治るのかもしれないという期待に変わることで治癒するための環境が整っていきます。

まとめ

ボディートークアクセスは治し方を教えるセミナーではなく、治るための力を取り戻すためのセミナーです。

セミナーが終わる頃には体の痛みがなくなることでパフォーマンスが上がり、それを心配する必要がなくなるので心も軽くなる。

そんなセミナーです。

全国ツアー楽しみです(笑)

開催にあたってご協力いただいている皆さんに、少しでも恩返しできるように励みます。

セミナーの概要&お申し込みは下記の画像をクリックしてください。

まだまだ参加者募集中です!!

 

 

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。