ボディートークアクセスの大脳皮質のテクニックについて

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

こんにちは!樋渡です。

今回は、ボディートークアクセスの1つ目のテクニックの「大脳皮質」についてです。

「大脳皮質」のテクニック

ボディートークアクセスのテクニックは、5つのテクニックで構成されています。

その1つ目のテクニックが「大脳皮質」です。

このテクニックがボディートークの数あるテクニックの中でも一番重要だと言っても過言ではありません。

大脳皮質とは?

大脳皮質とは、脳の表層の部分を言います。

脳を輪切りにしています。

脳を輪切りにしています。

これは脳を輪切りにした写真ですが、赤の線と黄色の線の間の濃いグレーの部分が大脳皮質です。

脳の外側の部分です。

主に理性、運動機能、感覚などの機能に関わります。

「大脳皮質」のテクニックは、大脳皮質に対して効果的と言われていたのですが、今では大脳皮質だけではなく脳の内側に対しても効果的ということが分かってきました。ですが、テクニックの名称は今でも「大脳皮質」としています。

「大脳皮質」のテクニックの目的

このテクニックを行う目的は、脳の左右のバランスをとるということです。

脳は、左脳・右脳と分けることができて、左右の脳で働きが違うと言われています。

下記のリストは、上から順に働き方を対比させています。

ご自身にも当てはめて考えてみてください。

左脳と右脳の働き

左脳の働き
・言語
・男性性
・批判的
・分析
・過去や未来への執着
・シングルタスク
右脳の働き
・イメージ
・女性性
・調和をはかる
・直感
・今この瞬間に生きる
・マルチタスク

 

この両方を見比べてみて、どちらが良いとか、どちらが悪いというわけでありません。

どちらかに偏り過ぎてしまうと問題が起きます。

どちらかに偏るというのは、全て左脳のパターン・右脳のパターンと分かれるわけではありません。例えば、マルチタスクが得意(右脳)、でも批判的になりやすい(左脳)ということもあります。上記に挙げた一つの項目ごとに比べてみて偏らないのが理想ということです。
樋渡
お金に関することについて、左脳と右脳のバランスが崩れると、どういう思考になるのかを解説していきますね。

左脳が優位

左脳が優位な場合というのは、未来や過去に対する執着が強くなってしまいます。

過去の失敗や後悔、将来への不安や恐れなど。

老後のお金の心配や不安が強すぎることによって、今を楽しむことができないという人がいたら、左脳が働きすぎていて右脳とのバランスが取れていないのかもしれません。

women-1023150_1920

右脳が優位

右脳が優位な場合というのは、今を最優先します。

なので、今が良ければいい、という思考になりがちです。

なので、今を楽しむことにお金を使いすぎて、将来のために貯金をすることができないというのは、右脳が優位で左脳とのバランスが取れていないのかもしれません。

man-540500_1920

左脳と右脳のバランスが取れると

左脳と右脳がバランス良くどちらも働いている状態というのが理想です。

そうすると、程よく今を楽しみにつつ、計画的に老後のためにも貯金をしていくことができるようになります。 

自分の周囲にこう言った人がいれば、その人は左脳と右脳のバランスが取れた状態です。

couple-1030744_1920
樋渡
今回はお金のことについてですが、どんな状況でも左脳と右脳のバランスが取れているという状況が理想です。
仕事でも家庭についてもそうです。きっと、自分でうまくいかないなと感じることについての思考のパターンは恐らく、左脳と右脳のバランスが崩れているはずです。
左脳と右脳がバランス良く働くようにしようというのが、「大脳皮質」のテクニックの目的です。

「大脳皮質」のテクニックのやり方

この「大脳皮質」のテクニックだけは、唯一誰にでも教えてもいいとされています。

それ以外のテクニックは、セミナーで理論的背景と合わせて習うということになっていますので、「大脳皮質」のやり方をご紹介します。

やり方は、自分で自分にやるやり方と、ペアになって人に対してやるやり方があります。

両方動画がありますので、見様見真似で試してみてください。

自分でやる方法

自分で自分にやるやり方です。

解説者:福田康宏さん

福田鍼灸・整骨院(北海道江別市)

ペアでやる方法

ペアになってやるやり方です。

ご家族やご友人、クライアントなどにやる時に試してみてください。

解説者:小西千尋さん

一空夢感〜まあるごと〜(北海道滝川市)

樋渡
「こんなので変わるわけない」、「やってみたけど何も感じない」をいう声が聞こえてきそうですが、実は私も初めて教わったときはその通りでした。ですが、毎日やることで効果を実感できています。

ポイント

どちらのやり方でも深呼吸を意識してください。

ペアの場合は、受ける側の方がなるべく深呼吸を意識するように促します。

やる前に首を前後左右に動かしてみたり、体の痛みや違和感があるところを確認してからやってみて、終わった後にもう一度同じ確認をしてみると、前後での変化を感じやすいです。

「大脳皮質」で期待できる効果

このテクニックだけでも左脳と右脳のバランスをとる以外にも期待できる効果がたくさんあります。

・脳を落ち着かせる
・リラックス効果
・パニック状態からの回復
・他のセラピーへの反応を良くする

などです。一つずつ解説していきます。

脳を落ち着かせる

ストレスを感じると、脳の内側の部分(大脳辺縁系)が強く刺激されます。

そうすると、脳が興奮状態になります。

この興奮状態が強くなることで、脳の内側の活動が外側よりも強くなってしまい、理性が抑えられ感情的になってしまいます。

この状態を落ち着かせるということも期待できます。

脳が興奮状態の時は、治癒が進まないとも言われているので、自然治癒力を高めるためにも脳を落ち着かせるというのはとても重要になってきます。

リラックス効果

脳を落ち着かせるというのに似ていますが、交感神経が優位な状態から副交感神経が優位な状態に導くことができるので、リラックス効果が期待できます。

常に体に力が入っていて、力を抜くことができないという人にオススメです。

リラックスができると、肩や首、腰周りの緊張が取れやすいです。

パニック状態からの回復

パニック発作の症状がある方に試してほしいことという記事でも書いたのですが、このテクニックはパニック状態からの素早い回復に役立ちます。

他のセラピーへの反応を良くする

例えば、マッサージに行く時に、行く前に自分でこのテクニックをやってみてください。

そうすると、緊張がほぐれた状態で受けることができるので、マッサージに対する反応が良くなります。

もしくは、ご自身が何か施術をやっている場合であれば、これをやってからやるとクライアントの緊張が緩むことによって、施術の効果をより受け取りやすくなります。

樋渡
これ以外にもたくさんの効果が期待できますので、実際に試してみてください。
一度だけではなく、何度も繰り返すことによって、より効果を実感しやすくなりますよ。
毎日のルーティンとして組み込むことで、心身ともに健康な状態を保つことも。
私は毎日続けているので調子がいいですね。

まとめ

・「大脳皮質」のテクニックの主な目的は、左脳と右脳のバランスをとること。
・テクニックの最中は深呼吸をしましょう
・毎日のルーティンとして組み込むことで、心身ともに健康な状態を保つことができる。

次回は、
ボディートークアクセスの二つ目のテクニックの「切り換え」について
です。

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。