ネコにアニマルボディートークの施術をした感想をいただきました。

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

ボディートークの施術は人間に限らず動物に対しても行うことができます。

アニマルボディートークというセミナーがあり、その中で、動物に対しての施術の方法や注意点などを習います。

動物と直接的な会話はできなくてもアニマルボディートークを行うことは、コミュニケーションの手段になるのでとても面白い施術です。

最近、猫に対しての施術をする機会があり、ブログへの掲載の許可をいただいたのでご紹介します。

男性が苦手で臆病な一面もあるが、気が強い性格のネコ

_20160725_174946

この猫は、捨て猫だったようで、それを飼うようになったそうです。

人、特に男性を寄せ付けないことが多く、気が強くてかまってあげないとすねたり、イジける、暴れまわるといった行為をするそうです。

そしてとても気が強いそうです。

でも、怖いと感じると隠れて出てこなくなってしまうこともあるそうです。

それで、ボディートークの施術を頼まれたので施術をしてみました。

動物に対しては人にやるのとは違って、直接触れることはありません。

写真と名前などの情報と飼い主さんの許可があればやることができます。

実際の施術方法については割愛させていただきますが、どんな内容が出てきたのかはご紹介します。

アニマルボディートークの施術の内容

施術で出てきたことを箇条書きにしてみます。

  • 恐れの感情を受け取りやすいため、主要なリンパ節に恐れの感情が溜まっている
  • 膀胱に強い怒りの感情が解放されずにとどまっている
  • 母親と引き離されたことによる悲しみがトラウマとなり、孤独感を生み出していて、さらに父親と接していないことによる男性に対する恐れがあり、男性性と女性性のバランスを欠いている

という主に大きく3つの内容が出ていました。

恐れの感情を受け取りやすいため、主要なリンパ節に恐れの感情が溜まっている

リンパは感情と関わると言われていて、リンパの滞りがある場合は、感情滞りもあると言われています。

なので、自分が恐れているというよりも、周囲の人が怖がっているとそれを自分の感情のように感じてしまいそれによってリンパの循環が滞っている可能性があるということです。

膀胱に強い怒りの感情が解放されずにとどまっている

膀胱は中医学の観点から考えると、恐れの感情と関わります。

ですが、今回は、膀胱に強い怒りの感情があるからそれを解放することがあるということでした。

具体的にどんな怒りかというのを特定する必要はなかったので、このまま怒りを解消するためのテクニックを使いました。

母親と引き離されたことによる悲しみがトラウマがとなり、孤独感を生み出していて、さらに父親と接していないことによる男性に対する恐れがあり、男性性と女性性のバランスを欠いている

ここからはあくまで推測ですが、生まれてからお母さんと接する機会が少ないまま引き離されてしまい、そして捨てられていたことにより、トラウマや孤独感が強くなっているように感じました。

そして、父親と接することがないことで、男性とどう接していいのか?という葛藤があり、男性性のエネルギーと女性性のエネルギーのバランスが崩れているということでした。

セッション後の変化

セッションをしてから数日後に、飼い主さんから連絡がありましたので、それもご紹介させていただきます。

fullsizerender-147-2

樋渡さん

こんにちは!

ネコの様子についてご連絡します。

かなり落ち着いて、前ほど暴れなくなったと思います。

外にも飛び出していかなくなりました。

大丈夫かなと思うほどよく寝ます。

明らかに変わりました!

人を怖がるかはまだ検証できていません。

それではまた!

 おー、早速いい変化が出ているようで良かったです。

人に対しては、特に家族以外でどう反応するのか、ということなので今後様子を見ていただいてまた機会があればその結果をご紹介します。

よく寝ます、ということについての補足です。

男性性と女性性のバランスということが施術の時に出ていました。

寝るときにはメラトニンというホルモンが松果体(しょうかたい)という脳の部位から出ます。

そして、その松果体は男性的なエネルギーの象徴でもあります。

女性的なエネルギーの象徴となるのは、脳下垂体という脳の部位です。

脳下垂体は睡眠に関していうと、朝スッキリと目覚めさせるためのホルモンを出すための司令塔の役目をしています。

なので、男性性と女性性のバランスを取るということは、松果体と脳下垂体のバランスを取るということになります。

この二つのバランスをとる必要がありました。

そこで睡眠に関してですが、この二つの器官がバランスを取れていないと寝るためのホルモンや、スッキリ朝目覚めるために必要なホルモンがバランスを崩し、よく寝れないなど睡眠に影響が出てしまいます。

なので、この二つのバランスをとることで、よく寝れるようになったのではないかと思います。

本当に良かったですね!

アニマルボディートークの施術は、非常にパワフルかつ効果が高いのでとても人気があります。

ご興味ある方は、お問い合わせくださいね。

アニマルボディートークのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるボディートークの施術をお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
 ボディートーク 12,960円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

 

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。