腹筋をやると首が痛くなる2つの理由と対策方法

この記事を書いている人 - WRITER -


東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。

樋渡旭

樋渡

フィットネスパートナーズの樋渡です。

 

腹筋をやろうとすると、腹筋よりも首が痛くなってしまってできないという方はいませんか?

結構、パーソナルトレーニング中にも多い事例です。

これは特に女性が圧倒的に多いですね。

腹筋をした時に首が痛くなる理由として、「首に力が入っているから痛くなるんです」と言われることがあります。

そして、そういう場合の対処法として一般的には「首の力を抜いてください」と言われたりします。

でも、実際にやってみると首の力を抜こうとしても抜くことができずに、結局は首が痛くなってしまいます。

これではいつまでたってもエクササイズをすることができません。

腹筋を鍛えたいのに首が痛くなってエクササイズができないという方にオススメの方法があります。

腹筋をした時に首が痛くなってしまう本当の理由と対処法をお伝えします。

腹筋をやると首が痛くなってしまう2つの理由

腹筋をやった時に首が痛くなるケースというのは、この写真のように仰向けに寝た状態から頭を起こしてくるやり方のエクササイズをした時になりやすいです。

多分、この写真の二人も首が痛くなるパターンだと思います(笑)

腹筋をやった時に首が痛くなるケースは二つあります。

  • 首の前側が痛くなる
  • 首の後ろ、後頭部の付け根あたりが痛くなる

この二つです。

これの原因はどちらも首を曲げることができないからです。

首を曲げることができないと、仰向けになって頭を持ち上げた時に重力が首にダイレクトにかかってしまいます。

首をしっかりと曲げることができると、首の上に頭が乗るので、首に負担がかからなくなります。

一概に首が痛いといっても、前側が痛いのか、後ろ側が痛いのかで原因が異なります。

この違いは何からくるのかというと、首の筋力が弱いのか、それとも首の筋肉が硬い(柔軟性がない)のか、によります。

  • 首の前側が痛くなる場合は、首の前側の筋肉の筋力不足
  • 首の後ろが痛くなる場合は、首の後ろの筋肉が硬い

ということがほとんどです。

なので、これが解消できれば腹筋をしても首が痛くなりにくいです。

腹筋をすると首が痛くなる場合の対処法

腹筋をするときに首が痛くなるのは前側が痛くなる、後ろ側が痛くなるの2つのパターンがありますが、だいたいどちらのケースでも同じことをやれば改善が見込めます。

首の後ろ側の筋肉がしっかりと伸びれば改善できるケースがほとんどです。

首の柔軟性のチェックをしましょう。

イスに座り、背筋を伸ばしたまま首を前に倒します。

この時に、顎が鎖骨のところにくっつくのが正常な首の可動域です。

これがつくなら、首の後ろ側の筋肉がしっかりと伸びているということになり、腹筋をした時にもしっかりと首を曲げることができます。

腹筋をした時に首が痛くなる人は、このように首が曲がりにくくなっています。

なので、次のストレッチを試して見てください。

首の後ろの筋肉を伸ばす方法

仰向けに寝て腹筋の姿勢をとります。

そこで手を頭の後ろに添えて、背筋は伸ばしたまま頭だけ持ち上げます。

そして、可能な限り上まで持ち上げたら、

頭は後ろに戻そうとして、それを両手で押さえてください。

手と頭で押し合います。

これを5秒間続けます。

5秒たったら、頭をゆっくり床に降ろします。

これを3回繰り返します。

5秒×3セットです。

それから、頭を持ち上げて腹筋をいつも通りやってみてください。

そうすると、首の痛みが和らいでいるはずです。

この方法をやってから腹筋をやると、首が曲げやすくなっているので、腹筋をした時に首に負担がかかりにくくなります。

それと、背骨の

柔軟性も腹筋には重要な要素になってきますので、背骨の柔軟性も確認してみましょう。

背骨の柔軟性のチェックをしましょう。

背中を丸くできるということも腹筋をした時に首を痛めないようにするために重要な要素になります。

このように全体的に背中が丸くできると、腹筋のエクササイズをした時に首に負担がかかりにくいです。

腹筋をして首が痛くなる方は、背骨を反ることは得意で、逆に丸くするのが苦手な方が多いです。

首のストレッチと合わせて、背中を丸くできるようになることも大切になります。

背中を丸くすることができない方は、次に紹介する背中のストレッチを試してみてください。

背中のストレッチ 

膝を曲げて、胸と膝をくっつけます。

足の裏をつかみます。この時に指先だけで掴むのではなく、なるべく指全体で掴むようにしましょう。

おへそを覗き込むようにして、背中を後ろに引きます。

もともと背中の柔軟性がある方はそこまで伸びる感じはしませんが、硬い人はよく伸びる感じが出るはずです。

こういったストレッチを日々することで、少しずつ背中を丸くすることができるようになるので、是非試してみてください。

まとめ

腹筋をすると、首が痛くなる方は首を前に曲げるのが苦手な方が多いです。

首の力を抜くように意識するのではなく、首をしっかりと曲げられるようにすることが必要です。

そのためには、首の後ろ側のストレッチと、背骨を丸くすることができるようになると腹筋をした時に首の負担を減らすことができるようになります。

是非試してみてください。

自宅でできる下腹部の筋トレ5選!ポッコリお腹を解消して引き締まった腹筋を手に入れる方法

2017.08.03

パーソナルトレーニングのお申し込み

東京都千代田区一番町にある「フィットネスパートナーズ」では、樋渡旭によるパーソナルトレーニングをお受けいただくことができます。

半蔵門駅5番出口・麹町駅3番出口が最寄駅でどちらからも徒歩3分ほどです。

ご質問やセッションのお申し込みはこちらからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のメニューを選択してください。
[ パーソナルトレーニング体験 5,400円(税込) お問い合わせ

ご希望日時・メッセージ

加圧・パーソナルトレーニングスタジオ
「フィットネスパートナーズ」
TEL:03-3237-7735
HP:https://fitness-partners.jp
東京都千代田区一番町15-3 一番町SAビル4階
皇居近くにあるパーソナルトレーニングジムです。

ボディートークアクセスセミナー開催

自分の手のひらを使ってできる自然治癒力を高める方法をお伝えします。 一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックで自分にはもちろんご家族ご友人にお使いいただくこともできます。 自律神経を整える効果が期待でき、自分自身の健康の管理、ストレス対策のツールとして使うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

樋渡旭

東京都千代田区一番町にて、パーソナルトレーニングの指導とボディートークの施術を行う施設「フィットネスパートナーズ」を運営しています。 身体と心のつながりに興味をもち、その両面からアプローチすることで、お客様を「今よりも健康にする」ためのサポートをさせていただいています。